人生を変える引き寄せの法則。やり方はダイエットから学ぼう!

引き寄せ

みなさん、こんにちは!

仙石です。

僕は、引き寄せの法則を、ダイエットとして考えて欲しいと思っているんです。
これは自分でも名言だと思っているんですが(笑)

ダイエットって、「痩せやすい体質」になることが大切ですよね。
引き寄せの法則も、これと同じなんです。
まずは、「引き寄せ体質を作ろう!」ってことなんですね。

今日は、「引き寄せ体質の作り方」についてお話したいと思います!

人生を変える引き寄せの法則。やり方は、ダイエットと一緒なんです

ウォーキングしたり、ジムに通ったり。

でも、「チョコレート毎日食べてます!」「ビール、毎晩飲んでます!」「夜食がやめられません!」だと、痩せにくい体質のままですよね。

どれだけ努力しても、痩せにくい体質のままだとダイエットの成功は難しい。

引き寄せの法則も、ダイエットと同じなんです。

「思考が現実化する体質作り」を先にする必要があるんですね。
僕は、これを「引き寄せ体質」と呼んでいます。

引き寄せ体質作りをする前に、まずは「引き寄せ体質チェック」をオススメしています。

ダイエットでも、痩せやすい体質チェックってありますよね?
・普段はコーヒーをよく飲みますか
・夜ご飯は何時に食べますか
とかね。

簡単にですが、チェック項目の一部をご紹介します!

人生を変える心の準備。「引き寄せ体質チェック」ってどんなもの

① 自分の気持ちに素直ですか

大げさなことじゃなくてもいいんですよ。

「お腹減ったなー」と思ったら、あなたはどうしますか。
「すぐ食べる」と言う方。自分の気持ちに素直ってことですね。

「今日は仕事を早めに切り上げて、家でゆっくりしよう」って思ったあなた。
もし、そんな時に友達に気の進まない飲み会に誘われたら、どうしますか?

「本当は行きたくないんだけど、せっかく誘ってくれたし行こうかな」と
お付き合いするとします。

これは、自分の気持ちに素直じゃない、ということなんです。

「嫌われるかも」という不安もありますよね。
だから、どうしても断れない。
「ごめん、ちょっと今日は予定があって」と言ってもいいんですね。
だって、本当に「家に帰って、自分の時間を過ごす」という予定があるんですから。

コンビニで、美味しそうな新作スイーツを見つけたとします。
「買おう!」と思うか、「でも、太っちゃうから諦めよう」となるのか。

「自分の気持ちに素直になる」って、本当に、些細なことでいいんですね。

あなたは、どっちかな?

② 自分のダメなところを認めていますか

運が良い人、引き寄せが上手な人っていますよね。
そんな人は、だいたいポジティブです。

でも、僕はネガティブも必要やと考えているんですね。

それは、なぜか。

ポジティブな部分もネガティブな部分もあって、初めてちゃんとした「自分」なんですね。
両方あってこその、自分なんです。

ポジティブな面だけでも、ネガティブな面だけでも、偏っている。

なので、自分のダメなところやネガティブなところを認める、って言うのは、引き寄せ体質を作る上で重要なことなんです。

例えば、ズボラな人がいるとします。
欠点を隠そうとしてしまうことって、ありませんか。
ズボラに見られたくないから、ズボラな自分を隠そうとしてしまう。

それって、「ズボラな私は、ダメなやつだ」って自分を傷つけてしまっているんですね。

ネガティブな自分を責めるのではなく、認めることが大切なんです。

「私、ズボラだから」

で、いいんですよ!

たまに、いませんか。
ズボラでも、女子力が低くても、女っぽくなくても、なぜかモテる女性。
それは、自分のネガティブな部分も認めちゃっていて、かっこいいからなんですね。

なので、潔く自分のダメなところも認めちゃいましょう!

③ 感情を素直に表現していますか

例えば、最近、大きな声を出しましたか。

大きな声を出したかどうかって、引き寄せの法則では大事なんです。

なぜって?

大きな声を出すと言うことは、自分の感情を出しているってことだから。

カラオケでもいいし、友達と大笑いしたでもいいし、何でもいいんですよ。

子供って、些細なことでも大きな声を出して、感情を表現しますよね。
例えば、テレビをつけたら好きなアニメがやっていた。
「いえーい!」みたいな(笑)

僕はよく、「童心に帰ろう」と言うのですが、これは「自分の感情をしっかり出そう」と言うことなんですね。

④ 現状に満足していますか?

「今日もラッキー!」
「今日も、こんなに良いことがあった」
些細な出来事に対して、意識が向いているかも、引き寄せ体質に重要に関わってきます。

気付かないうちに、ハッピーなことって結構多いんですね。
気付かないのは、意識が向いていないだけなんです。

例えば、改札を通った時に駅員さんが「ありがとうございます」「いってらっしゃい」などと、言ってくれたとします。
いつも行くコンビニで、「いってらっしゃいませ」と言われたとします。

あなたは、どう感じますか。「何か言ってるなー」くらいで忘れてしまうか、「挨拶って、気持ちがいいな」と思うのか。

些細なことでも、素敵なことに気づけるかどうかって大事なんですね。

⑤ 今、幸せを感じていますか?

幸せを感じると言うことは、満たされているということ。
ここまでくると、もう立派な引き寄せ体質ですね(笑)

・ダイエットがうまくいくのは「代謝」が良い人。引き寄せの法則も同じ

引き寄せの法則をあまり信じていない人でも、思ってることが叶う人っているんですね。
気づいたら、結構いいことが起こっていた、と言うような人。

そんな人は、もともと「引き寄せ体質」の方が多いんですね。

ダイエットしなくても、トレーニングしていなくても、太らない人っていますよね。
代謝が良くて、痩せやすい体質だから。

引き寄せの法則も、そう言う意味でダイエットと同じなんです。

引き寄せの法則のノウハウを知らなくても、引き寄せ体質がちゃんとできている人は、思考が現実化しやすいんですね。

代謝が良くて、ダイエットしなくても痩せやすい人は、子供の頃から運動していたり、親から痩せやすい体質を引き継いでいたりしますよね。

「引き寄せ体質」も、子供から大人になる時期、つまり性格が形成される過程で作られていくんですね。

友達や先生、親に「大きな声を出しちゃダメ」と言われていたり、自分のダメなところばっかり責められている人は、引き寄せ体質ではなくなってしまいます。

でも、「自分のままでいいんだよ」「ダメなところも認めていいんだよ」と自己肯定をされて育った人は、自然と引き寄せ体質になるんですね。

例えば、大きな声を出しても、ダメと言わないどころか「もっと出せ!」
「みんなで野原を駆け回ろうぜ!」とか、一緒に映画を観に行って、一緒に大笑いしたり、感動して涙する経験をさせてくれる親。

日常生活の中でも、「お手伝いしてくれたんだね。ありがとう」ってちゃんと伝えてくれる親。

些細なことに感謝する習慣を、ちゃんと生活の中で感じさせてくれる親や先生が身近にいれば、その人は人格や性格が形成されて行く中で、幸福なマインドが作られていき、引き寄せ体質になるんですね。

だからと言って、そういう経験を子供の頃していないから、引き寄せ体質になれなかった……と落ち込まなくても大丈夫なんですよ。

今からでも、充分間に合います!

それでは、具体的にどうすれば「引き寄せ体質」になれるのか、お話しましょう。

人生を変える心のストレッチ! 引き寄せの法則を味方につける2つの方法

① 引き寄せ体質への道。その1

ダイエットをしてなかなか痩せられないのは、トレーニングするかどうか以前の問題で、自分の体質をまずは知って、そこから見直すことが大切ですよね。

引き寄せ体質作りも、そこが重要だとお話しました。

とは言っても、今までの自分をいきなり変えることって難しいですよね。

「ダメなところなんですぐに認められないよー」
「感謝なんて、全然思いつかない」
「幸せなんて、感じられるわけがない」

なんて、色々思うこともあるかと思うんです。

そんな方のために、まずここからはじめて欲しいと言うことがあります。

それは、

・大きな声を出す
・腹を抱えて笑う
・感動して涙を流す

この三つの回数を、増やして欲しいんですね。

それは、なぜか。
思考は現実化すると言いますよね。何が現実化してくれるかと言うと、脳であったり、心であったりするわけです。

自分の夢を叶えてくれるツールが、脳であり、心なんです。
願うことによって、現実化させてくれる。

車に例えたら、脳や心が、目的地にたどり着かせてくれる道具なんですね。

引き寄せ体質でない人は、心が少し錆び付いてしまっているのです。

心というエンジンの、動きが鈍くなってしまっている。

車だって、ずっと動かさなかったらバッテリーが上がって、走らなくなりますよね。
直したら走るかというと、ガソリンも必要。

心が冷たく、固まって動いてないなら、「ハッピーになろう!」といきなり言われても難しいですよね。

引き寄せの法則を使いこなそうと思っても、無理なわけです。

まずは、「心のストレッチをしよう!」ということなんですね。

大きな声を出して笑ったり、感動して涙を流すと心がいっぱい動きます。

「楽しい~!」「嬉しい~!」と感じれば感じるほど、心が動き出し、ストレッチになるのです。

そうすると、次のステップに移りやすくなります。

② 引き寄せ体質への道。その2

1日の生活や一週間の中で、楽しいことも楽しくないことも、そりゃありますよね。
「楽しかった」と「楽しくなかった」の割合の多数決を、とったらどっちが多いか。
「楽しかった」の方を多くするようにするんです。
一つでも多かったら、多数決で勝ちますよね。

例えば、「今日も疲れた」「仕事で怒られた」なんてネガティブなことが10個あったとします。

そしたら、11個「楽しかったこと」「嬉しかったこと」を経験すればいい。「今日は嬉しいことが多かった日」となるから。

でも、楽しいことを発見するって日常的には難しいですよね。
仕事はかったるいと思っても、もしかして良いこともあるかもしれない。
コピーを頼まれた時に、「ありがとう」って心から感謝されたら、何か嬉しいって感じたりね。

あとね、僕はいつも、スターバックスに行った時、カップの側面を見るんですよ。
何か書いてあったら、嬉しいって思っちゃいます(笑)

書いてないと、ちょっと寂しいですけどね(笑)

スタバのカップの側面、見てる方いますか?
今度、ぜひ見てみてくださいね(笑)

もしかしたら、そこに小さな幸せがあるかもしれない。

そんな日常の些細な嬉しいことを増やしていくと、ただご飯を食べにいくとか、誰かと喋ったこととか、スーパーに買い物に行くだけでも、嬉しいことや良かったと感じることが、発見できるようになります。

あえて、1日の生活を「ハッピーなこと」で埋めるんですよね。

ポジティブな人とネガティブな人の差って、どこにあると思いますか?

実は、ここなんです。

ポジティブな人は、些細なことでも「良いこと」「嬉しかったこと」を見つけるのが上手いんです。

人生って、良いことばかりじゃないですよね。
辛いこともあれば、悲しいことだってある。
良いことと、悪いことってフィフティーフィフティーなんですね。

悪いことが50個あれば、その裏に良いことが50個あるはずなんです。

どっちを見てるかってことなんですね。

例えば、雨が降ったとします。
「雨が降って、最悪」なのか、「旦那が洗濯物取り込んでくれた、嬉しい。ありがとう」なのか。

「遊びに行く予定がキャンセルになっちゃった、最悪……」なのか、「でも、お家で録り貯めていたドラマを観れたから、良かった」なのか。

最悪、と思うことがあっても、良かったことがセットになってたりするんですね。

「毎日を楽しくする工夫」をすれば、引き寄せの法則がどうのとか、スピリチュアルなことがどうのって、まずは考えなくてもいいんですね。

ね、簡単でしょ。

これなら、何だかできそうな気がしませんか?

ダイエットをするように引き寄せ体質になって、夢を叶えちゃってくださいね。

千里の道も、一歩からですよ!

そう、最初の一歩を踏み出せば、結果は後からついてきます(^^)

それが、「引き寄せの法則」なんです。

「引き寄せ体質について、もっと詳しく知りたい!」という方は、良かったらLINE登録してくださいね。「引き寄せ体質チェックリスト」をプレゼントしています!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人:仙石 琢真(Takuma Sengoku)

21歳で独立。
一流起業家との交流がきっかけで様々なビジネスメソッドを習得。
Profile