四方良し

LIFE

こんにちは!

センゴクですっ!

 

僕は「近江商人」で有名な滋賀県生まれなので、

「三方良し」を大切にしています。

 

近江商人とは、中世から近代にかけて活躍した近江国(滋賀県)の商人のことで、

日本三大商人の一つです(大阪商人・伊勢商人に並ぶ)。

 

その、近江商人たちが掲げた商売理念が、

「売り手よし、買い手よし、世間よし」。

 

売り手の都合で商いをするのではなく、売り手と買い手が双方満足し、さらに商いを通じて社会貢献をすることを大切にしていたそうです。

 

自分たちの利益だけを優先させるのではなく、人のため、社会のためになることを近江商人たちは考えていたんですね。

 

そうして得た信頼は、大きな利益を生み出し、社会貢献に繋がっていきます。

 

僕はその「三方良し」を、

「自分良し、相手良し、周り良し」と解釈して大切にしているんです。

 

でね、ここに「神様良し」を追加して「四方良し」とすることにしています。

 

これは、「神様サイコー!」みたいな宗教チックな話だけではなく。

日本には、「森羅万象に八百万の神が宿る」と考えられていますよね。

自然全てに神が宿っている。

 

そういったことから、僕は、「三方良し」に加えて、神様にも感謝して喜んでいただけることをしよう、と思っているんです。

 

これはね、何も経営理念の話だけではなく。

 

誰にでも、当てはまるのではないかと思っています。

 

もし、あなたが今日の僕の話に何か共感してくださったとしたら。

 

自分だけでなく、相手も、世間も、神様にも喜ばれるという感覚。

 

これを大事にしていたら、きっと何かが変わって行くのではないでしょうか(^^)

 

人生は、ちょっと考え方を変えるだけで動き出していきます。

 

本当ですよ(^^)

 

感想などコメント欄で聞かせてもらえたら嬉しいです♩

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人:仙石 琢真(Takuma Sengoku)

21歳で独立。
一流起業家との交流がきっかけで様々なビジネスメソッドを習得。
Profile